前癌病変

前癌病変

口腔粘膜に発症する前癌病変には白板症と紅板症がある。白板症は口腔粘膜に生じた摩擦によって除去できない白色の板状あるいは斑状の角化性病変で臨床的あるいは病理組織学的に他のいかなる疾患にも分類されないような白斑と定義されている。また、紅板症は臨床的にも病理組織学的にも他の疾患に分類されない紅斑と定義され、組織学的には種々の程度の上皮性異形成から上皮内癌までの所見を示す。白板症では約10%程度、紅板症では約50%が癌化するといわれている。したがって白斑単独よりは白斑と紅斑が存在するものが癌化する可能性が高く、紅板症ではさらに癌化率が高くなる。さらに紅斑の存在する病変ではすでに癌化している可能性も否定できない。このようなことから前癌病変は生検による確定診断と注意深い経過観察が必須である。前癌病変を疑った場合は専門施設へ紹介する必要がある。

以下前癌病変の症例を供覧する。

白板症(舌)

左側舌縁部に見られる典型的な白板症の症例である。角化が亢進した病変の中に比較的、角化が少ない部分が認められる。生検による上皮異型性の有無や程度を診断する必要があるがこのような広範囲な白板症では一部に癌化している可能性も否定できない。将来的に、表面が塑造になり、がんへと向かう可能性もあり注意深い経過観察が必要である。

白板症(下顎歯肉)

左側下顎歯肉に見られた白板症の症例。境界明瞭で角化が非常に亢進しているのが認められる。このタイプの白板症では癌化の可能性は低い。また、歯肉はもともと角化しており、舌や頬粘膜などのあまり角化していない粘膜とは少し、病的な意味が異なる。しかしながら経過観察が必要であることに変わりはない。

白板症(舌)

右側舌縁部の白色病変、白板症の診断であるが境界は明瞭であり、何か熱いものが当たるなどした既往やその他の原因がないかを確かめる必要もあると思われる。癌である可能性は比較的低い病変であると思われるが将来的に癌化する可能性はあるため経過観察は必要である。

白板症(舌)

右側舌縁部に広範に白色病変を認め、中央からやや後方に紅色の部分を認める。白い部分は角化の亢進を示し、赤い部分は粘膜が薄くなっていることを示している。診断は白板症であるが、紅斑部の混在を認める症例で癌化の可能性は高いと思われる。また、紅斑部の境界部の組織生検を行い、癌ではないことを確認すべき病変であると思われる。癌ではないことが分かっても、厳重な経過観察が必要である。

紅板症(舌)

左側舌縁部に見られた典型的な紅板症の症例。表面が真紅のように赤く粘膜の委縮が起こっていることが観察できる。約50%以上の紅板症で癌に移行すると言われており、非常に注意を要する前がん病変である。また、すでに癌化している可能性も十分に考えられる症例である。生検による診断と短期間での経過観察を必要とする症例である。

 

以上前癌病変や早期の口腔癌を供覧したがここに示した症例を見ただけで専門医と同様な判断ができることはないと思われる。重要なことはこれらの症例と同様かあるいは似通っていると思わ

 

ピックアップ記事

  1. いびきや睡眠時無呼吸症候群は、睡眠の質を考えるうえで、非常に重要な問題である。睡眠は、サーカ…
  2. 右側下顎第1大臼歯 欠損症例 部分床義歯からインプラントにした症例(40歳代 女性)…
  3. 左側下顎第2小臼歯ならびに第1大臼歯 欠損症例40歳代 男性第1大臼歯(#36)…
歯科医院ホームページ作成
PAGE TOP
CLOSE
CLOSE