下顎臼歯部少数歯欠損インプラント症例ケース06

右側下顎1大臼歯(#46)、根尖性歯周病、根分岐部病変により保存不可と診断、抜歯後2か月での待機埋入症例
40歳代 女性

右側第1大臼歯(#46)に瘻孔を形成し、排膿を認め疲れると同部に浮いた感じを生じるとのことであった。また、十分に噛めないために抜歯を希望した。

保存不可能と診断し、抜歯を行い約2か月でCTと口腔内の模型を採得し、インプラント埋入を行い、埋入後2か月で上部構造を装着しインプラント治療とした。

なんでもよく噛めると喜んでおられた。


LANDmarker(iCAT)の画像。補綴主導を考え埋入位置を計画。


LANDmarker(iCAT)による埋入シミュレーション画像。右側第1大臼歯部(#46)。

骨質診断(参考値)を行うと、幼弱な骨ができていることが窺われた。


iCATから送られてくるドリルプロトコル。手順に沿って進めていく。


Landmark Guide(iCAT)の的心ガイドを装着した所見。

FINESIA Bone Level HA Tapered type(京セラ)直径4.7/長さ10mm(右側下顎第1大臼歯:#46)を埋入する計画とした。


Landmark Guide(iCAT)の的心ガイドを装着し、直径4.7のインプラントを埋入することとし、サーキュレーションメスは的心ガイドにドリルキーを入れ、直径3.7で行った。可動粘膜までの固有歯肉の幅を確認することが重要である。


サーキュレーションメスによって、固有歯肉のインプラント埋入部位に粘膜の開窓を行っている。歯肉粘膜が丸く骨まで切開されている。可動粘膜までの固有歯肉の幅が十分に確保できている。


サーキュレーションメスによって、切開された歯肉を鋭匙を用いて、除去している所見。周囲に刻みのついた鋭匙が便利である。


サーキュレーションメスによって、歯肉が切除された際の口腔内所見。骨面が露出しているが、出血は全くない。


的心ガイド(iCAT)を用い、的心パイロットドリル step1 直径3.7mm用(京セラ)でドリリングを行う。


的心ガイドドリル 2step 直径3.7mm用 ショート(京セラ)でのドリリング。


直径3.7mm用の的心ガイドドリル(京セラ)でドリリング時。位置や角度はガイドによって規制されるため、きちんとシミュレーションをしていると事故などは起こらない。


的心ガイドドリル 3step 直径4.7mm用 ショート(京セラ)で最終深度までのドリリングをおこなう。


直径4.7mm用の的心ガイドドリル(京セラ)でドリリング時。ストッパーまでしっかりとドリリングすることで深度の正確性が確保できる。


#46部にインプラント埋入窩形成後、生理食塩水でインプラント埋入窩の洗浄を行っている。インプラント埋入窩に切削片などが残っていると埋入のトルクに変化をきたしたり、スタックすることがあり、洗浄も重要なコツの一つである。


#46部にインプラント埋入窩形成後、インプラント埋入を行う。

インプラントタイプ及びサイズ:FINESIA Bone level HA 直径4.7mm/長さ10mm(京セラ)


#46部へインプラント埋入時。ガイドに沿ってインプラント体が予定された位置に埋入されようとするのがわかる。


右側下顎第1大臼歯部(#46)へのインプラントの埋入後の口腔内所見。


右側下顎第1大臼歯部に埋入を行い、ヒーリングアバットメントを付けた口腔内所見。出血などはほとんどない。

手術内容:右側下顎第1大臼歯部(#46)インプラント埋入術
埋入トルク:30N/cm
麻酔:笑気鎮静・モニター下
局所麻酔:2%キシロカイン(1/80,000Epi) 3.6ml
手術時間:13分


埋入後、パノラマX-Pにて状況の確認を行った。予定された部位に埋入されている。


上部構造装着時の確認Dental X-P


最終補綴物装着時の口腔内所見。

治療後、食事時によく噛めるようになったと喜んでいただけた。


最終補綴物装着時の口腔内所見。

機能面も十分に回復でき、患者さんは喜ばれていました。第1大臼歯は咬合、咀嚼機能において重要であり、インプラント補綴により、しっかりとその機能を回復することが大切である。

 

 

ピックアップ記事

  1. 右側上顎第1大臼歯(#16) 欠損 (40歳代 女性)右側上顎第1大臼歯を他院で抜歯され…
  2. 右側上顎第1大臼歯部 欠損(30歳代 男性)他院でインプラント治療はできないと言われた。…
  3. 本日は、常日頃から関係が深いにも関わらず、知っているようで知らない、あるいは学生の頃に習ったけど忘れ…
歯科医院ホームページ作成
PAGE TOP
CLOSE
CLOSE